忍者ブログ

スムージーミキサー、活躍中。

グリーンスムージーミキサーとして、我が家ではテスコムのジュースミキサーが大活躍中。パワーが弱いとかいわれがちですが、凍った果物も氷も、繊維質な野菜も、ガンガンいけます。季節の野菜を使ったスムージーのレシピの紹介や、ミキサーの紹介などを行っています。最近、2代目のミキサーとしてパナソニックの「MX-X49」を買いました。

スムージー用おすすめミキサーの比較

スムージーを作るミキサーの比較

スムージー(グリーンスムージー)を作るミキサーの選び方と比較紹介です。


Q:ミキサーとジューサーの違いは?

スムージーを作るには、ミキサーを使います。野菜や果物を丸ごと粉砕して滑らなドリンク状にします。一方ジューサーは、果物や野菜から水分だけを絞り取り、ジュースを作ります。この場合、ジュースとは別に大量のカスが出ます。ジューサーでは食物繊維は捨ててしまうことになります。

Q:スムージーを作るにはどんなミキサーがいいのか?

ハイパワーミキサーであるほど、スムージーの出来上がりが滑らかになります。ただ、ハイパワーになると値段も比例して高くなります。5・6千円くらいがボリュームゾーンです。1万円までいくと高価なミキサーになり、性能も一段飛びぬけます。5・6千円くらいのミキサーがコストパフォーマンスが高く、初めの1台としては満足がいくのではないでしょうか。

Q:私の考えるおすすめのミキサーの条件とは?

  • 値段は安いほうがいいが、性能もある程度こだわる
  • 予算は1万円までは考えるが、5・6千円ぐらいで抑えたい
  • ボトルサイズは大きすぎず、小さすぎず、使いやすいサイズがいい

私が自分で次に買いたいミキサーを考えると、値段は安いに越した事はないですが、「安物買いの銭失い」では困ります。安くても、それなりの性能は必要です。必要なら予算は1万円まで考えない事はないですが、5・6千円ぐらいでいいミキサーがあれば、その方がいいですよね。ミキサーのボトルのサイズは700~800ml程度は欲しく、これぐらいが一般的で、普通に使う分にも最も使いやすいサイズでもあります。ミキサーに、果物や野菜を入れていくと、意外とかさばりますし。


Q:自分にあったスムージーミキサーを選ぶには?

以下のステップ順に、「値段の安いミキサーから順に」見ていくと、自分がどのレベルのミキサーが欲しいのか、分かりやすいかと思います。

STEP1:安さと人気を兼ね備えるミキサー
STEP2:安全性の高い国内メーカー
STEP3:ちょっと贅沢してハイパワーミキサー
STEP4:値段は気にせず超ハイパワーミキサー
STEP5:番外編・サイズの小さい省スペースミキサー

STEP1:まずは最も低価格帯の、安さと人気を兼ね備えるミキサーを見てみよう。

このブログでは、私が実際に作ってみたスムージーのレシピとともに、ミキサーの使用感などを記事にしています。例えば、「この素材は私の激安ミキサーでも滑らかになった」とか、「リンゴの皮はそこまで滑らかにはならなかった」などです。

私と同じような感じでスムージーを作れれば十分という方なら、テスコムのミキサーがおすすめです。このブログで作ったスムージーは、すべて2世代ほど前のテスコムの一番安いミキサーを使って作っています。テスコムのミキサーはとにかくお手頃な価格ですから、気軽に手作りスムージーを始められます。そのあたりが安いミキサーのメリットです。この価格でこれだけ使えれば、コストパフォーマンスはかなり高いと言えると思います。

一方で、このブログ内のこちらのページ(私のミキサー)でもまとめましたが、テスコムの一番安いミキサーでも、もちろん十分楽しめますが、リンゴの皮や、キンカンの皮などは、出来上がりの滑らかさがいまいちでした。やはり、素材(野菜や果物)の中には、苦手なものもあります。なんでも滑らかになるという訳はいきません。スムージーの出来上がりのクオリティも、値段の高いミキサーよりは劣るでしょう。ですが、いいミキサーを使ったことがなければ、まあこういうものかなという感じで気にならないレベルです。(私の使っているテスコムのミキサーのパワーは160wなので、現行モデルの一番安いミキサー(180w)よりもパワーは弱いです。つまり一番安いモデルでも、私の作ったスムージーよりも出来上がりはいいものになると思います。)


★テスコムのミキサー。
(左から右にランクが上になります。最上位モデルはミル付きです。パワーは左から180w、180w、240w、240wです。左から2つ目の機種が一番人気があり、口コミ数が非常に多いです。ロングセラーモデルです。)



ここがいい!

とにかく安い!手軽に安いミキサーを買ってスムージーを作りたいという方におすすめです。「ミキサー」のカテゴリで、テスコムは9年連続(2014.03.31)メーカー国内シェアNO.1だそうです。



STEP2:もうちょっと性能にこだわるけれど、価格もある程度お手頃なミキサー、安全性の高い国内メーカーの製品を見てみよう。

テスコムよりもう少しいいミキサーが欲しいという方ならば、パナソニックのファイバーミキサーシリーズがあります。2013年の1月にモデルチェンジして、スムージーバーが付属するようになった人気ミキサーシリーズです。国産メーカーの信頼感があります。フタを閉めないと動かない安全装置がばっちりです。作動中にフタを開けて中身を手でいじるような危険な事が出来ないので、小さいなお子さんがいる場合は、この機種が最適です。価格と性能のコストパフォーマンスがよく、満足度の高いミキサーだと言えるのではないでしょうか。ただ、安全装置がある分、若干かさばるデザインと言えます。2014年にはまたシリーズが一新され、パワーが少し大きくなっています。ミキサーのボトルがタンブラーとして使えるタンブラータイプミキサーも新登場しています。作り置きをせず、すぐに飲みきるタイプの方むき。タンブラーボトルを付属品としてつける上位機種もあります。


★パナソニックのファイバーミキサー2014年モデル(最新モデル)
(②の「MX-X300」以外の3機種はミル付きです。)


①パナソニック ファイバーミキサー
「MX-X100」

230w 400ml
この機種はタンブラータイプのミキサーで、スムージーを作りボトルをひっくり返したら、タンブラーとして使え、そのまま飲むことができます。そのためボトル容量も400mlという少し小さめのサイズになっています。ミル付属。
楽天でMX-X100の最安値を見る。


②パナソニック ファイバーミキサー
「MX-X300」

245w 700ml
最もオーソドックスで価格を抑えた機種です。私の購入した2013年モデルの「MX-X49」の後継機にあたります。パワーが少しアップしています。
楽天でMX-X300の最安値を見る。


③パナソニック ファイバーミキサー
「MX-X500」

245w 700ml
2013年モデルの「MX-X59」の後継機にあたります。パワーが少しアップしています。ミルやタンブラー(400ml)が付属します。タンブラーミキサーとしても使える上位機種です。
楽天でMX-X500の最安値を見る。


④パナソニック ファイバーミキサー
「MX-X700」

255w 1000ml
2013年モデルの「MX-X109」の後継機にあたります。ミルやお茶ミル、タンブラー(400ml)、スイートバーが付属する最上位機種です。パワーも一番大きく、ボトル容量も大きいです。タンブラーミキサーとしても使える最上位機種です。
楽天でMX-X700の最安値を見る。


ここがいい!

価格・パワー・安全性・ボトルのサイズ、国内メーカー、そしてスムージーのための「スムージーバー」登載と、非常にバランスが良いです。人気のグリーンスムージー本「からだの中から若返るグリーンスムージー健康法」にもパナソニックのミキサーが登場します。



STEP3:スムージーの出来上がりクオリティにこだわるなら、ちょっと贅沢してハイパワーミキサーを選ぼう。

ある程度のお金を出しても、スムージーの出来上がりクオリティにこだわりたいという方には、ビタントニオのミキサーか、海外メーカーのラッセルホブスのミキサーがスムージー作りに最適です。ハイパワークラスの人気ミキサーです。特にビタントニオは人気があります。ラッセルホブスはかなり大容量調理(1.5リットル)ができる本格派ですがけっこう値段が張ります。ビタントニオが450w、ラッセルホブスが500wです。


①ビタントニオのブレンダー
「VBL-2」
450w 1000ml
楽天でVBL-2の最安値を見る

②ラッセルホブスのブレンダー
「パワーブレンダー 14071JP」
500w 1500ml
楽天で14071JPの最安値を見る

ここがいい!

スムージーのクオリティにこだわるなら、海外メーカーのちょっと高いけれどハイパワーなミキサーを選ぶのがおすすめです。



STEP4:ミキサーの値段は気にしない?高くてもお店のスムージーと同レベルのものが作りたいなら、超ハイパワーな本格派ミキサーにしよう。

ステップ3で紹介したハイパワーミキサーでも十分ハイパワーですが、業務用レベルのハイパワーとなると「バイタミックスのミキサー」という選択肢に絞られます。

バイタミックスのミキサーは、雑誌などでグリーンスムージーダイエットの成功の記事がのっていました優花さんなど芸能人の間にファンが多いことでも有名で、レストランなどの業務用としても使われる超ハイパワーミキサーです。どれくらいハイパワーかと言えば、例えばビタントニオのブレンダーは450wですが、バイタミックスのミキサーは脅威の900w。仕上がりが生クリームのように滑らかになると表現されるなど、パワーが段違いなのです。ですが、超ハイパワーだけあって値段もとても高いです。バイタミックスのミキサーを買うのならば、価格や特典比較などをまとめた情報サイトを参考に検討するのがおすすめです。

バイタミックス特集サイト(販売店の特典比較と購入の注意点など)

ここがいい!

スムージースタンドやスムージーバーなど、お店で出されるものと同レベルのものが作れます。こんなに高いのに非常に人気があり評判がとてもいいミキサーです。



STEP5:一度に少量しか作らないなら、戸棚にしまえるような省スペース・コンパクトミキサーという選択肢も。

ステップ4までは、順を追って値段の高いミキサーを紹介しましたが、ここでは「コンパクトなミキサー」という視点からおすすめのものを紹介します。コンパクトなミキサーを選ぶならば、レコルトのソロブレンダーは、コンパクトな上、作ったスムージーをそのまま飲むことができます。パワーは125wと、私の使っているテスコムのミキサーの160wよりもさらに弱く、若干のパワー不足感はいなめませんが、デザインがポップで人気があります。4色のカラーがあります。タイガーのミキサーも非常にコンパクトです。こちらはパワーは160wで、私のテスコムのミキサーと同じワット数です。タイガーのミキサーは2色から発売されています。コードは不要時にはすっきりと収納できます。容量は、レコルトが350ml、象印が250mlです。


①レコルト・ソロブレンダー
「recolte Solo Blender 」
(レシピブック付)
125w 350ml
楽天でソロブレンダーの最安値を見る


②タイガー
「SKR-J250」
160w 250ml
楽天でSKR-J250の最安値を見る


ここがいい!

小さいので収納にも場所を取らず、洗うのも小さいから楽です。




Q:今のテスコムのミキサーが壊れたら、次に買いたい機種は・・・

今のテスコムのミキサーでも、十分スムージー作りを楽しんでいます。もちろん、繊維質の手ごわいイメージのあるグリーンスムージーも、十二分に楽しんで作っています。しかし、やはりもっといいミキサーが欲しい気持ちはあります。とくに、ある程度、色々なレシピを試していくと、もう少しいいミキサーで同じスムージーを作ったら違うんだろうなぁという気持ちはあります。リンゴの皮だったり、スイカの種だったり、セロリの葉っぱのちょっとしたカケラだったり。

そこで、今使っているテスコムのミキサーが壊れたら、

  • パナソニックのミキサー(MX-X59)
  • ビタントニオのミキサー(VBL-2)

候補はこの2機種です。

こんな風に考えています。

ラッセルホブスはボトルが1.5リットルでちょっと大きすぎる。コンパクトミキサーでは、小さすぎる。今使っているテスコムのミキサーが780mlなので、それと同じ位か、もう少し大きくてもいいのだけれど、パナソニックのミキサーは、最上位モデル以外は700mlと私の希望よりもちょっと小さい。最上位モデルなら1リットルになる。1リットルモデルでもいいかもしれないとも思う。

値段はパナソニックの最上位モデルとビタントニオ、どちらも同じくらいだけれど、パナソニックの最上位モデルならミル2つにアイス用スイートバーも付く。お徳感がある。それにパナソニックのシリーズのスムージーバーは魅力。これがあれば、ぎゅうぎゅうに野菜などを押し込んだとしても、このスムージーバーでかき混ぜられるので、最上位モデル以外の機種で、多少私の希望よりもボトルサイズが小さくてもなんとかなるか、とも思う。よく考えてみれば、今使っているテスコムのミキサーの780mlサイズでも、出来上がりは半分量ちょいくらいで収まることがほとんどだった。要するに、材料を入れる段階の問題であって、スムージーバーがあれば、ボトルサイズが今より80ml小さくなるくらい、問題にならないかもしれない。

パナソニックの最上位にしようか、それより下位のモデルにしようか、それともビタントニオにしようか。

パワーの目安となるワット数を見れば、パナソニックのミキサーは240wなのに対してビタントニオのミキサーは450w。 ビタントニオのこのワット数は魅力。しかし、出来上がりのクオリティはワット数のみでは図れず、刃の形状も大事な要素。そのへんパナソニックは評判がいい。さらに音も割と静からしい。

パナソニックとビタントニオ、どれくらい出来上がりの滑らかさが違うのだろうか。問題は、スムージーの出来上がりの滑らかさがどれだけ違うのか。これ次第。そこでパナソニックのミキサーシリーズ全4種の口コミを全て読んでみたが、どれも好感触のコメントばかりだ。 中でも、2番目にいい機種の「MX-X59」に寄せられた口コミで「ちょっと前にスムージ用に外国メーカーを1万円で購入して使いましたがレビューほど思いのほかよくなく葉物がうまく粉砕できない・・・こちらの商品を再度購入しました。スムージだけならこの機種の一つ下のグレードでも遜色ないと思います。 一応ミルがあれば何かと便利かと数千円違いなら・・スムージは外国メーカーのそれとは比べものになら位に・・すごくいいです。すぐに少量の水で出来上がり・・マイルドですよ・・」というのが気になった。(1万円で購入した外国メーカーのミキサーが具体的にどの機種なのかは分からないが。)

・パナソニックのミキサー(MX-X59)
・パナソニックのミキサー(MX-X49)

あらためて、この2機種が候補にあがった。ミル付きか、ミルなしか。値段は、現時点で1600円の違い。ミル付属以外は、この2機種に違いはない。一番安いモデルの「MX-X39」では、刃がブラックハードチタン刃ではなくなるので除外。「MX-X49」と「MX-X59」、どちらにするか、つまりミルは1600円で買っといたほうがいいのか、なくてもいいのか、どうしようか・・・。 いっそ1リットルの最上位モデルにしようかどうしようか。だが、1リットルサイズになると大きくて洗うのがめんどくさいという声もある。今のところ最有力候補はミル付きのMX-X59。


Q:結局、どのミキサーを買ったのか?

テスコムのミキサーはまだ壊れていませんでしたが、そろそろ新しいミキサーを買ってもいいかなという気分が高まり、ついに新しいミキサーを買うことにしました。で結局、パナソニックのミキサー「MX-X49」を買いました。 結構悩みましたが、パナソニックのファイバーミキサーシリーズにするというのは固まっていて、あとはミル付きかどうかで迷いました。結局、ミル無しの「MX-X49」にしました。

アマゾンから商品が届きダンボールをあけると、とりあえず、外箱を見ただけでも、外箱正面に「おうちで手作りの野菜たっぷりスムージーが楽しめる」という文字がでかでかと書かれており、スムージー用ミキサーとしては間違いなかったなとすでに感じさせてくれます。使用感等、随時レポート記事をアップしたいと思います。

グリーンスムージー用にパナソニックのミキサーを買いました。
パナソニックのミキサーを買ったので、さっそくグリーンスムージーを作る。

パナソニックファイバーミキサー

ブラックハードチタン製ファイバーカッター、低速モードは、私の買った「MX-X49」以上からになります。外箱横部分で、スムージー以外にも、カキ氷などもできることが分かります。




Q:コンテナサイズ700mlは小さいか、大きいか?

私の買った、パナソニックのミキサー「MX-X49」のボトルサイズ(コンテナサイズ)は、700mlとなっていましたが、材料はいれようと思えば、1000mlくらい入るサイズでした。買う前は、700mlではちょっと小さいかなと思っていましたが、材料をいれる段階では、700ml以上の容積があるわけです。もう少し大きなサイズが欲しいかなと思っていたので、これはうれしい誤算でした。私にとっては結果的に大満足のちょうどいいサイズだったということになります。


パナソニックファイバーミキサー「MX-X49」とその後継機「MX-X300」

■2013年モデル
パナソニック ファイバーミキサー 「MX-X49」

240w 700ml

他メーカーのミキサーとの最大の違いは、スムージーバーが登載されていること。ファイバーミキサーシリーズはこのランクから、低速モードありで、ブラックハードチタン刃になります。
楽天でMX-X49の最安値を見る


■2014年モデル
パナソニック ファイバーミキサー 「MX-X300」

245w 700ml

私の買った「MX-X49」の後継機がにあたるのが、この「MX-X300」になります。パワーが若干アップしています。パナソニックのファイバーミキサーシリーズ中、最もオーソドックスでシンプルなモデルです。上位機種は付属品がミルなどの付属品が増えていくなどします。
楽天でMX-X300の最安値を見る。


【楽天カード新規入会キャンペーン(年会費無料)】
楽天市場・楽天ブックスでのお買物がいつでもポイント2倍!


スポンサードリンク


私のスムージーミキサー
私の使っているミキサーについて≫
このブログのスムージーは、すべてテスコムのミキサーで作っていましたが、最近パナソニックのファイバーミキサーを買いました。(購入レポ:グリーンスムージー用にパナソニックのミキサーを買いました。



拍手[8回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

最新コメント

[02/16 チョビ]
[08/15 スリーセブン]
[08/11 きたさん]
[08/09 瑞季]
[08/06 歩]
[08/06 サガグチ]
[08/04 瑞季]
[08/04 taro]
[08/04 友さん]
[07/31 拓也]
[07/31 瑞季]
[07/27 taka]
[07/24 チトセ]
[07/21 瑞季]
[07/19 中原]
[07/17 ターシャ]
[07/13 瑞季]
[07/10 真山]
[07/09 節約まーちゃん]
[07/09 ひろの]

プロフィール

HM:
グリーンスムージーで健康管理
流行のグリーンスムージー(グリーンジュース)を作るため、数年前に2千円ちょいで購入したテスコムの激安ジュースミキサーを引っ張り出してきました。いろいろなグリーンスムージーを作って楽しんでいます。

バーコード

ブログ内検索

スポンサードリンク